矯正治療とは

矯正治療は、歯ならびやかみ合わせを良くして自分の歯を長持ちさせ、気持ちも体も健康に生活できるようにすることが目標です。
健康的な笑顔で楽しく生活していただけることを願っています。

歯ならびが悪いと…

  1. むし歯や歯槽のうろうになりやすい。
  2. 良くかめない。
  3. あごの成長、顔かたちにも影響する。
  4. 口元が気になる。
  5. 発音しにくい。

などの問題があります。

顔だちを美しくととのえ、健康的な口元を作ることが大切です。
人生にほほえみはかかせません。

治療の流れ

初診30分 ~ 60分

歯のレントゲンを1枚とり、歯・舌・アゴ等への状態を診せていただき、ご相談させていただきます。
治療期間、金額もご説明いたします。ご説明後、治療をされるかどうか、ご家族でよくご相談ください。

検査30分 ~ 60分

  1. 骨格のレントゲン(横、必要のある方のみ正面も撮影します)
  2. お口の中と顔の写真
  3. 上下の歯形

以上の資料からコンピューター分析と歯形の模型計測をおこない、院長が治療方針をたてます。

診断40分 ~ 60分

診断した結果や治療方針、問題点をご説明します。
目的や目標、装置をご説明し、装置を準備します。

治療30分 ~ 60分

個人差はありますが、1ヶ月に1度くらいに通院していただきます。
治療は、なるべく目立たない装置で進めていきます。

保定1回 30分

きれいに並んだ歯とアゴを安定させるため、治療装置をはずした後、一定期間保定装置(リティナ―)を装着します。

観察1回 30分

保定装置(リティナ―)をはずしてから定期的に観察を行います。

治療例

八重歯、乱杭歯(叢生)

  • 八重歯、乱杭歯(叢生) 施術前
    施術前
  • 八重歯、乱杭歯(叢生) 施術後
    施術後

歯が重なり合って、口の中がでこぼこしています。 見た目も良くありません。 上下の歯がしっかり咬み合わされていないので、よく噛めません。

うけ口(反対咬合)

  • うけ口(反対咬合) 施術前
    施術前
  • うけ口(反対咬合) 施術後
    施術後

下の歯が上の歯より前に出ているので、良く噛めません。 発音も聞きとりにくくなってしまいます。 顔の中で下あごばかりが目立ってしまいます。

出っ歯(上顎前突)

  • 出っ歯(上顎前突) 施術前
    施術前
  • 出っ歯(上顎前突) 施術後
    施術後

上の歯が前につき出ているので、良く噛めないばかりか、見た目も良くありません。 顔の中でも、とがった口もとばかりが目立ってしまいます。

開咬

  • 開咬 施術前
    施術前
  • 開咬 施術後
    施術後

奥歯は咬んでも、前歯は咬み合わずに開いています。前歯でほとんど噛むことが出来ません。
発音も聞きとりにくく、見た目も良くありません。前歯にすき間がたくさんあります。

治療費・お支払いについて